プロフィール

本窪田 なつき
natsuki motokubota



音楽家(ピアノ・作編曲)。
ピアノ、バイオリンなどを通じてクラシック音楽に親しみ
東京藝術大学音楽学部楽理科では主に民族音楽をまなぶ。
クラシックで惹かれる作曲家シューベルトの作品を演奏するコンサートや
アートや自然とのコラボレーションライブ、
言葉にオリジナルの音楽構成をあてる制作・演出・上演を手掛けてきている。

2012年、CD「Our Planet Earth」を制作(企画制作・ピアノ・デザイン・写真ほか)。
シューベルトのソナタと ライブペインティングとのコラボレーションライブ(絵画・中林可寶)や、自然音と重なることを期待した半屋外でのライブを主催する。
2013年以降、LULLABIES for the WORLD のプロジェクトでは、世界のトラディショナルのピアノソロへの編曲・演奏を手掛け
2015年に日本文芸社より出版された音絵本「天使スリーピーの世界子守歌めぐり ピアノCD付き」では、作編曲・ピアノ演奏・ライナーノーツを担当。
編曲譜 ハンガリーの子守歌 "tente baba tente" ほか(楽譜サービス ”ミュッセ” にて販売中)。
この絵本を体現するライブのうちの何回かでは、自身で朗読も手掛ける。
2017年のリサイタル ”楽興のとき” では、シューベルトの演奏と、言葉に音楽構成をあてる制作を掛け合わせたかたちとなる
”シューベルト「楽興の時」の断片による 梨木香歩「ペンキや」” を上演(語り・川村幸)。


instagram 日々雑記 @natsukimotokubota
instagram コンサートの周辺 @natsukibleue
blog きりとりせん